結局、どこから仕事をGetしているかというお話

2017/12/07 10:01

はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは
来年6月でフリーランス10年を迎える原と申します

この記事はフリーランス Advent Calendar 2017 7日めの記事です

何を書こうか迷いましたがこれからフリーランスになろうかなと考えている人や
もうなった人も気になるであろう「どうやって仕事を得ているか」について
書いてみようかと思います。

私はプログラマ系フリーランスですので他の職種の方の参考になるかどうかはわかりませんが
何か得られるものがあれば幸いです
以下今まで実際に取得してきた方法を列挙していきます

(1)常駐
いわゆる、現場に出勤して業務をこなすタイプです
プログラマ、SE系には専門の会社やwebサイトもありますので比較的簡単です
今は特に人手不足の時代ですので容易に潜り込みます
業務としてはサラリーマンなどとほぼ変わらないかと思います
一般的には交通費なし、保険などは自己負担ですがそれを差し引いても
サラリーマンと比べて割高な金額をもらえることが多いかと思います。
(金額はその人の技術力、ポジションでかなり差がでます)

出勤などがあるためあまり世間一般でいうフリーランス感はないですが
安定しているためフリーランスのエンジニアの人の多くはこの形態を
選んでいるのはないかと思います

(2)以前からのツテ
私はフリーランスとなってからは前職以前とあまりつながりが無いため
下の3と4の引き続きの方が多くなっています。
今ではここがメインとなっていますがおそらく長くフリーランスやっている人の
ほとんどがここがメインでしょう(故に新人フリーランスの悩みになりがちかと思います)

(3)クラウドソーシング
はい、皆さんが大嫌いなクラウドソーシングです。
私はどのクラウドソーシングの中の人にも好意とかありませんので
何処かを叩いたり何処かを持ち上げたりする気はありませんが
スパムぽいのはどうにかしてほしいですね。

それはさておき、クラウドソーシングに関しては多くの方は
・面倒な客が多い
・全体的に安い
というイメージが大変強いかと思います
実際はどうなのか。ほぼその通りだと思います。

ただし案件をよく見ていると割のいいものがあるのも事実なので
私は多少安くても数時間で終わる仕事を引き受けといて
評価だけあげておき、これは!という仕事を獲りに行くようなしています
有名な話ではありますが単価の高いお客ほどお客様として付き合いやすい人も多く
(逆もまた真。何故でしょうね)その後にもつながっていくので
私は皆さんのイメージほどクラウドソーシングに対して悪印象ではないのです

ようは安い仕事だと思ったらやらなきゃいいのです

(4)TwitterなどSNS経由
このブログを読んでいるような方はそうでもないと思いますが、SNS経由で知り合った
人と仕事しているというと非ITの方には割と驚かれます。
そういう方はTwitterは詐欺師かAIしかポストしてないとでも思っているのかな?
と思うのですがアカウントの先にいるのはやはり人間なので文面だけでもある程度
判断できると思います。

特定のCMSの話してたらその仕事の声かけられることもあります。
私の場合、自分があまり得意じゃない分野を任せている方はほぼ全員SNS経由で知り合った方で
言い方は悪いですが自分の補完として非常にお世話になっています。

そういう部分でもフリーランスであれば積極的にSNSを活用すべきではないかと思います。
ただしあまり商売商売な感じしているのではなく人間味を出さないと敬遠される可能性も
高くなると思います。少なくとも私は敬遠します。

そういう人間味から生まれると思うんですよ
信頼って

以上思いつくまま書いてみましたが参考になれば幸いです

くぅ~つかれまs(ry

コメントを投稿

次の HTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントはまだありません。